名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

栗城史多語録

栗城史多(登山家)語録20件



「はじめから開かれている道ほど、つまらない道はない」


「夢を持ち、否定されても気にしない。壁がきたときこそが、チャンスなんだ」


「成功する確立。それがなんの役に立ちますか?」


「できるか、できないかではなく、やりたいか、やりたくないか。不可能は自分が作った錯覚にすぎない」


「生きることは、何かに一生懸命打ち込んで、そこに向かって命を燃やしていくこと」


「少しずつ、小さなことを続けることが大事だ。どんなに苦しいことでも、楽しんでやっていく。そうすると、いつかチャンスがやってくる」


「批判されるのはつらい。でも、困難に打ち勝つことこそが、冒険家という仕事の役目です」


「山は自分の限界の殻を破ってくれる、わかりやすい場所」


「山は厳しいが、僕の一歩踏み出す勇気が、たくさんの人の一歩になればと思う」


「結局、人は自分自身で限界をつくってしまっているのだと思う」


「変な言い方になるけれど、馬鹿になることも大切だと思う」


「どんな山でもどんなチャレンジでも、そこには絶対に学びや成長があるから」


「頂上近くまで登ると、どうしても『行きたい』という気持ちになる」


「少ない酸素と燃料でできるだけ動くことのできる、車で言えばエコカーのような体と筋肉にする必要がある」


「登山の技術には独学で勉強できないことも多い。やはり先輩方とともに登ることで、生きた技術が培われていくという面はあるのだと思う」


「あえて逃げられない場所に行くことで、誰もが恐怖を乗り越え、成長するための力を生み出すことができる」


「不可能は自分が作り出しているもの。可能性は自分の考え方次第で、無限に広がっていくんだ」


「できるかどうかわからないことに挑むからこそ、達成することに価値を感じられる」


「人は誰もが冒険し、見えない山を登っている。夢を否定しないで自分の中にあるエベレストに一歩踏み出す人を増やすこと。それが僕の冒険です」


「どれほど不況と言われていても、やっぱり日本は恵まれた国です。街にはコンビニがあり、100円出せば誰でもおにぎりが買える。それだけ夢が実現しやすい環境が与えられているわけですから、様々なことにチャレンジしなくてはもったいない」
スポンサーサイト
  1. 2016/09/18(日) 21:01:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<邑井操語録 | ホーム | 杉山千佐子語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4047-19c52c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)