名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

杉山千佐子語録

杉山千佐子(全傷連会長)語録3件



「軍人軍属の方には、本当に手厚いと申し上げては悪うございますが、それぞれの補償がなされております。しかし、私たち民間人は『国との雇用関係がない』、『内地は戦場でない』、そうした言葉で今日まで、この補償対象に入ってこなかったのです」


「戦争をやろうと思っても、援護法を作っておけばどえらい金が必要になりますから、この前の戦争の用に、国民を塵芥のように使って使い捨てすることができないようになる。私の時に実現できなくても、世の中にこういうことを言い続けた女がいたと、誰かが引き継ぐ。国民も軍隊と同じように保証すべきであるということが決まってくる。活動をはじめたときからそういう考えです」


「初めは死にたいと思ったが、人のために尽くさなければ死ぬに死ねない。どんなに辛くても生きよう。自然と道が開けてきますね」



杉山千佐子(すぎやま・ちさこ)経歴(プロフィール)
全国戦災傷害者連絡会(全傷連)の会長を務めた。民間戦争被害者を救済する援護法制定運動に取り組んだ。岐阜市出身。29歳だった1945年3月の名古屋空襲で左目を失い、左手も不自由になった。1970年代に南山大で寮母として働いていたころ、戦時中は民間空襲被害者を救済する法律があったことを知り、1972年に全傷連を結成。戦災で死傷した民間人にも国家補償をする「戦時災害援護法」の制定運動に奔走した。2016年9月、老衰のため101歳で死去。
家族:  夫:  子供:
スポンサーサイト
  1. 2016/09/18(日) 18:10:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<栗城史多語録 | ホーム | 滝崎武光語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4046-c042c493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)