名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20337(2017年1月25日現在)

黒田清隆語録

黒田清隆内閣総理大臣(2代)語録全2件



「大隈どん、貴君の片足を失ったのは、私の片足を失ったより残念じゃ」
注釈:爆弾テロに遭い、片足を切断した大隈重信を黒田が見舞って。


「政府は超然として政党の外に立つ」
注釈:明治22年、鹿鳴館で催された午餐会の席上にて。超然主義とは政府は議会・政党の意志に制約されず行動すべきというもの(大日本帝国憲法では政党内閣を前提としていなかった)



関連サイト
歴代総理大臣語録一覧
http://bit.ly/wBersx


黒田清隆(くろだきよたか)経歴(プロフィール)
1840年~1900年(天保11年~明治33年)内閣総理大臣(2代)、薩摩藩士、陸軍軍人。薩摩藩出身。薩長連合の成立に寄与。戊辰戦争では五稜郭の戦いを指揮。維新後は開拓次官、のちに同長官として北海道経営にあたり、札幌農学校の設立、屯田兵制度の導入などを行う。農商務相、首相を歴任し、大日本帝国憲法の発布式典にかかわった。その後枢密顧問官、枢密院議長等を歴任した。59歳で没。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/17(火) 23:15:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桂太郎語録 | ホーム | 広田弘毅語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/400-67c01fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)