名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3819 収録語録数20102 (2016年12月5日現在)

長谷川平蔵語録

長谷川平蔵(火付盗賊改役)語録5件



「無頼の者たちを駆りあつめ、これを一箇処へ収容し、かれらに仕事をあたえたら、どんなものか」


「悪と怠惰の芽が出る前に、刈り取ってしまい、別の善い芽を吹き出させる」



「人は妙なもの、善い事をしつつ、悪事を働く、人の本音を見ることはできない」


「だれが小柳のまねをしてもかまわぬ。なれど失敗あったときは、腹を切る覚悟でやることだ」


「女という生きものには、過去もなく、さらに将来もなく、ただ一つ、現在のわが身あるのみ」



長谷川平蔵(はせがわ・へいぞう)経歴(プロフィール)
【1745年~1795年】江戸時代の旗本。火付盗賊改方の長である火付盗賊改役を務めた。池波正太郎の小説『鬼平犯科帳』の主人公「鬼平」として、日本の時代小説・時代劇ファンに知られている。幼名は銕三郎(てつさぶろう)、あるいは銕次郎(てつじろう)。家督相続後は父・長谷川宣雄と同じく平蔵(へいぞう)を通称とした
スポンサーサイト
  1. 2016/09/06(火) 20:09:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大岡越前語録 | ホーム | 渋谷すばる語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3990-70596e53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)