名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3847。収録語録数20304(2017年1月18日現在)

鈴木善幸語録

鈴木善幸内閣総理大臣(第70代)語録全2件



「金を一銭も使わないで総裁になったのは、僕がはじめてじゃないか」
注釈:自民党総裁になった後、記者にもらしたとされる言葉。


「もとより私は総裁としての力量に欠けることを十分自覚している。しかし、その選挙の本旨に思いを致し、総裁の大役を引き受ける決意をした」
注釈:大平が選挙中に急死して、三角大福中の抗争も休止へ。そして「最も無難な人物」として浮上したのが鈴木善幸であった。鈴木は議員総会満場一致で自民党総裁に選ばれ、第70代内閣総理大臣となる。上の言葉はこの時の挨拶。



関連サイト
歴代総理大臣語録一覧
http://bit.ly/wBersx


鈴木善幸(すずきぜんこう)経歴(プロフィール)
1911年~2004年(明治44年~平成16年)内閣総理大臣(第70代)。岩手県下閉伊郡山田町生まれ。水産講習所(現・東京海洋大学)卒。県漁業組合連合会など勤務したのち、昭和22、年衆議院議員選挙初当選。郵政大臣、内閣官房長官、厚生大臣、自由民主党総務会会長、農林大臣、内閣総理大臣(第70代)などを歴任。93歳で没。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/16(月) 16:37:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福田赳夫語録 | ホーム | 平清盛出生の謎>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/395-a1954ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)