名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3819 収録語録数20102 (2016年12月5日現在)

天野安喜子語録

天野安喜子(鍵屋15代目)語録7件



「もともと花火は、鍵屋の初代が手元から火が吹き出すおもちゃ花火を「火の花」として売り出したのが始まりで、それが夜空に咲く『花の火』『花火』へと変わっていきました」


「私は15代目当主になるために生まれた」


「人々の『愛でる心』を養える。そんな花火大会を目指しています」


「鍵屋は、日本文化としての伝統を重んじながら、今の時代にもあった、そして世界に誇れる『花火の質の高さ』にこだわっています」


「鍵屋はコンテストではなく花火大会を中心に演出していて、特にライブ感にこだわっています」


「『ドドーン』という花火音や会場を盛り上げる音響効果など『音の演出』が私らしさだと思っています」


「私たちは、観客のみなさんの『よかったよ』という一言に、一番心を打たれるんです。これからも、質の高さを守りつつ、みなさんが明日の活力を得られるような花火大会にしたいと思っています」



天野安喜子(あまの・あきこ)経歴(プロフィール)
女性花火師で鍵屋15代目宗家。元柔道選手で国際柔道連盟審判員の資格を持つ。段位は六段。1970年、東京都江戸川区に鍵屋14代目の次女として誕生。2000年、宗家花火鍵屋女性初の15代目を襲名。2008年、北京オリンピック柔道競技審判員(日本女性初)
スポンサーサイト
  1. 2016/08/30(火) 11:50:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福田健語録 | ホーム | 岡本一郎語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3936-dedfadc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)