名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

松重楊江語録

松重楊江(歴史研究家)語録5件



「幕末に、暗殺の実行部隊に忍者が選ばれるのは自然なことであった」


「忍者によって、長州藩では邪魔になった者はたとえ権力のトップにあっても、毒殺できる技術が、江戸時代にはほぼ完成していた」


「1836年(天保7年)、斉熙(なりひろ)、斉元、斉広(なりこう)と、3人の藩主が相継いで変死しているが、これはおそらく毒殺であったろう」


「ときの権力者というものは、自分の都合のいいように歴史を改竄するものである。それがはなはだしい場合には、それまでの歴史をすべて消し去り、自分に都合のいい歴史を新たにつくることさえする」


「マレー半島にソロモン神話を運び込んだのは、紅海からアラビア海に出航したというソロモン王のタルシシ船以外には考えられない」


出典『日本史のタブーに挑んだ男』(たま出版)



松重楊江(まつしげ・ようこう)経歴(プロフィール)
日本の歴史研究家。1925年、山口県で生まれる。山口県立柳井商業学校卒業。株式会社松重代表取締役会長。山口県史学会会員
スポンサーサイト
  1. 2016/08/27(土) 21:13:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<石川三四郎語録 | ホーム | 石原壮一郎語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3919-d0fa0971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)