名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3815 収録語録数20084 (2016年12月4日現在)

池田大作語録

池田大作(創価学会第3代会長)語録18件



「自然を破壊することはそのまま、人間自身を破壊することに通じていく」


「現代人の精神世界を支配しつつあるのは、端的にいって、拝金主義の風潮だといわざるを得ない」


「逆境こそが、人間を鍛え、大いなる使命に目覚めさせる。厳しい冬を越えてこそ、希望の春を迎えることができる」


「未来を切り開くのは人間である。平和を創るのも人間である。その人間を育て、知性を磨きゆく力が教育である」


「民衆を苦しめる社会の不条理と戦ってこそ、政治家である。その戦いがなければ政治屋である。最も苦しんでいる人に、救済の手を伸ばすことこそ、政治の原点である」


「どんなに高度な知識を持っても、それを人間の幸福のために生かす知恵がなければ、知識は役に立たないばかりか、むしろ危険でさえある」


「農業を大切にしない社会は、生命を粗末にする野蛮な社会である。その社会は、早晩、あらゆる面で行き詰まる」


「科学の急速な進歩に、人間の倫理性の進歩が追いついていない。ここに現代の悲劇の一つがある」


「哲学とは生きる意味を啓発し、生きる力を目覚めさせる知恵である」


「いっさいの思想は地球上の生命を守り抜くためにこそあるべきだ。それを脅かす思想は、断じて受け入れるべきではない」


「言論は力である。しかし、それは善悪に通じる力である。正義を守る『盾』にも、悪を断ち切る『剣』にもなれば、人を傷つける『凶器』にもなる。ゆえに、言論人のモラルと責任は、人一倍、重い」


「戦争放棄をうたう日本国憲法に掲げられた平和の理念と精神を、全世界に広げることが日本の使命である。戦争を放棄するためには、不信を信頼に、憎悪を友情に変え、戦争など起こさない友好関係を、すべての国々と築いていく以外にない」


「戦前の軍国の日本は、民衆一人一人が意見をもつことが許されず、戦争の暴走を食い止めることができなかった。民主主義は、制度の問題だけではない。民主主義を支える民衆が自らを高めていく努力が不可欠である」


「高齢者の知恵と経験は、現在と未来を豊かにする、かけがいのない宝である。高齢者を真に尊ぶ気風を確立することは、社会の持続的な繁栄の基礎となる」


「日本はもっと、アジアに人々から信頼されるよう、真剣に誠実に努力していかねばならない。だからこそ、互いの文化の根底をなす思想や哲学に光を当て、共に理解し合い、学び合っていく対話が重要である」


「核兵器の存在を抑止のための『必要悪』としてきた「国益」優先思考から、核兵器使用をいかなる理由があろうとも認めない『絶対悪』の立場、『人間益』を優先させる思考への脱却を図らなければならない」


「死を真摯に見つめることは、生命という最も根源的な課題を見据えていく重要な契機となる。そして、それは、『生命の尊厳』への自覚を促してやまない」


「星々のかけらから生命が誕生したことを思うと、この宇宙それ自体が生命的存在であるといえよう。星々も地球も、花も木々も人間も、すべて同じ次元から発して、今ここにある。ゆえに人間は、全宇宙と一体なのである」



池田大作(いけだ・だいさく)経歴(プロフィール)
日本の宗教家、作家。宗教法人・創価学会第3代会長、名誉会長。SGI(創価学会インタナショナル)会長。ペンネームは山本伸一(やまもと・しんいち)、法悟空。1928年1月2日生まれ。東京府荏原郡入新井町(現在の東京都大田区大森北)で誕生
スポンサーサイト
  1. 2016/08/18(木) 20:27:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<荻野丹雪語録 | ホーム | 水野惣平語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3862-c2a770c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)