名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

大山健太郎語録

大山健太郎(アイリスオーヤマ創業者)語録7件



「締め切が迫っているときこそ、良いアイデアが出やすいものです」


「あえて『締め切りギリギリ』でやってみる。これも短時間で密度の高い仕事ができる、効率のよい方法と言えるでしょう」


「我々が狙うべきチャンスは変化の中にこそある。変化のあるところには、必ず新たなニーズが発生する」


「全て物事は楽観的にただし経営は悲観的に」


「他社が対応できない顧客の依頼に応え続けること。それが、どんな環境下でも利益を生み出し、ひいては企業を存続させます」


「一時は栄華を極めたものの、時代の変遷で廃れることはよくあります。ただ、波に乗り遅れた『過去の遺物』にも価値はある。むしろ、たくさんの英知が集結している『宝の山』と言っても過言ではありません」


「家族が心配だろう。しかし私たちの商品を出荷することが東北の復興になる。企業には企業にしかできない役割がある」
注釈:東日本大震災で被災し、出勤できた社員は796人のうち388人のみ。誰もがうなだれているなか、大山はこのように社員を激励した


関連サイト
トップページhttp://meigennooukoku.net/
テーマ別名言集http://meigennokuni.blog.fc2.com/


大山健太郎(おおやま・けんたろう)経歴(プロフィール)
日本の経営者。アイリスオーヤマ株式会社の創業者。昭和20年7月3日生まれ。大阪府布施市(現東大阪市)出身。大阪府立布施高等学校卒業。急逝した父の跡を継ぎプラスチック成型加工の大山ブロー工業所代表に就任。その後、同社を法人化・事業転換しアイリスオーヤマに社名変更。同社を大きく成長させた
スポンサーサイト
  1. 2016/03/01(火) 07:55:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<村岡寛語録 | ホーム | 滝川一益語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3779-c809859e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)