名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

山中勧語録

山中勧(伍魚福3代社長)語録6件



「伊藤忠商事に入社して最初に配属された法務部では、倒産した取引先の債権回収を行うこともありました。このとき、たとえ真面目な会社でも、過剰投資が負担となって倒産するケースが多いことを知りました」


「伊藤忠商事に就職して7年ほどたったころ、あの阪神・淡路大震災が発生しました。当社の被害は大きくなかったものの、それでも物流センターがかなり傷んでしまいました。伊藤忠商事に私の代わりはいくらでもいますが、伍魚福の跡継ぎは私しかいません。これが戻るタイミングだと悟り、1995年4月に入社したのです」


「本日(2015年12月17日)夜10時からの「日経スペシャル カンブリア宮殿」に伍魚福を取り上げていただくことになりました。これも日頃からご愛顧いただいております一人一人のお客様、お得意先、協力工場、協力会社、地域の皆さんの支えがあってのことです」


「経営理念の中の『すばらしく美味しいものを造り』という文言が、その後の当社の経営姿勢にとくに大きな影響を与え続けています。文字どおり、ただ美味しいだけでは伍魚福の製品にふさわしくありません。だれもが食べて感動するくらい、すばらしく美味しいものでなければ、市場に送り出してはならないということです」


「経営内容を向上させるために様々な施策を講じています。とにかく常に新しいことに挑戦し、たとえわずかずつでも前に進むことが大切です」


「当社の商品は、一般的な珍味商品と比べると、安価であるとはいえません。しかし、高いから売れないわけでも、安いから売れるわけでもない、というのが当社のポリシーです。手間とコストをかけてつくった『すばらしく美味しいもの』は、少々値段が高くても、美味しさの価値を考えるとリーズナブルで、だからこそお客様から求めていただけるのです」


関連サイト
トップページhttp://meigennooukoku.net/
テーマ別名言集http://meigennokuni.blog.fc2.com/


山中勧(やまなか・かん)経歴(プロフィール)
日本の経営者。おつまみメーカー、株式会社伍魚福(ごぎょふく)3代目社長。1966年3月18日生まれ。兵庫県神戸市出身。慶應義塾大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。阪神淡路大震災を機に、家業の伍魚福に入社。取締役社長室長、専務取締役などを経て2006年社長に就任
スポンサーサイト
  1. 2015/12/17(木) 19:35:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花森安治語録 | ホーム | 西周語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3766-4e4484ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)