名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

岩瀬忠震語録

岩瀬忠震(幕臣・外交官)語録1件



「国家の大政を預かる重職は、この非常の場合に臨みては、社稷(しゃしょく)(国家)を重しとするの決心あるべからず」


関連サイト
トップページhttp://meigennooukoku.net/
テーマ別名言集http://meigennokuni.blog.fc2.com/


岩瀬忠震(いわせ・ただなり)経歴(プロフィール)
【1818年~1861年】江戸時代後期の幕臣、外交官。列強との折衝に尽力し、水野忠徳、小栗忠順と共に「幕末三俊」と顕彰された。維新後に正五位を贈られた。島崎藤村の「夜明け前」にも登場する。主君は徳川家斉→家慶→家定→家茂。江戸幕府:目付、外国奉行、作事奉行。官位:従五位下・伊賀守、肥後守、贈正五位。別名は修理・篤三郎(通称)、善鳴・百里(字)、鴎州・鴎所(号)。文政元年11月21日(1818年12月18日)、旗本・設楽貞丈の三男として、江戸芝愛宕下西久保で生まれた
スポンサーサイト
  1. 2015/12/10(木) 22:14:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<荘田平五郎語録 | ホーム | 宮部鼎蔵語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3763-7586d50e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)