名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

古市憲寿語録

古市憲寿(社会学者)語録6件



「ネットは仕事獲得の可能性を広げますが、それは誰もが可能性を手にすることを意味します。つまり競争も激化するんです」


「日本で『若者』という言葉が広まったのは実はそんな昔ではない。だいたい1960年代後半から1970年代のことだ。それ以前は『青年』という言葉の方が一般的だった。今でも国の白書などでは『青少年』という言葉が使われている」
出典:『絶望の国の幸福な若者たち』


「『今日よりも明日がよくならない』と思う時、人は『今が幸せ』と答えるのである。これで高度成長期やバブル期に、若者の生活満足度が低かった理由が説明できる。彼らは、『今日よりも明日がよくなる』と信じることができた。自分の生活もどんどんよくなっていくという希望があった。だからこそ、『今は不幸』だけど、いつか幸せになるという『希望』を持つことができた」
出典:『絶望の国の幸福な若者たち』


「今の若者は素朴に『今日よりも明日がよくなる』とは信じることができない。自分たちの目の前に広がるのは、ただの『終わりなき日常』だ。だからこそ、『今は幸せだ』と言うことができる。つまり、人は将来に「希望」をなくした時、『幸せ』になることができるのだ」 
出典:『絶望の国の幸福な若者たち』


「ナショナリズムというのは、ここ数百年の中で人類が発明した最大の仕掛けの一つと言ってもいい。ナショナリズムという魔法のおかげで、日本という国は教育水準が上昇し、産業化が進展し、快適なインフラが整備され、そして多くの命を失ってきた」
出典:『絶望の国の幸福な若者たち』


「『終身』という教科が義務教育に盛り込まれ、『みんな』に『僕たちは立派な日本人だ!』『日本人として、天皇のため、国のために尽くそう!』と思い込ませようとしたのである」
出典:『絶望の国の幸福な若者たち』


関連サイト
トップページ(目次)http://meigennooukoku.net/
テーマ別名言集http://meigennokuni.blog.fc2.com/


古市憲寿(ふるいち・のりとし)経歴(プロフィール)
日本の社会学者 、作家。現代日本の若者をテーマにした著作を発表している。血液型O型。1985年1月14日生まれ。東京都出身。慶應義塾大学環境情報学部を卒業、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース修士課程に入学。同コース修了。著書:『希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想』『絶望の国の幸福な若者たち』『誰も戦争を教えてくれなかった』『だから日本はズレている』など
スポンサーサイト
  1. 2015/09/25(金) 13:15:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福山雅治語録 | ホーム | 川島なお美語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3730-c06b1bdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)