名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

菊池武夫語録

菊池武夫(タケオキクチ)語録5件



「アーカイブを守り、質を向上させる作業を疎かにすると、自分たちの強みを見失ってしまう」


「あくまで人が着るものですから、アートに近いデザイン性を求めることはあっても、決してアートではない。その人がいかに美しくカッコよく見えるか、自身を表現するか、そのための道具なのだという考えは常に根本にあります」


「崩れた体型を逆に強調することで、カッコ良さや個性が引き立つ、それがファッションのだいご味。気後れせず、自分だけのファッションを楽しんでほしい」


「日本では戦後30年以上続くファッションブランドは極めて少ない。紳士服に限れば、約30年も続いているのはタケオキクチぐらいではないでしょうか。私と同じ頃に始まったメンズブランドの多くが、その後、姿を消しました。日本では企業も消費者も、ブランドを育てる努力をしてこなかったからでしょう」


「日本は今、大きな岐路に立たされています。老舗ブランドを育てられるか、長寿企業として生き残れるか。ともに必要なことは、核となる強みを見直し、同時に革新することでしょう」


関連サイト
トップページ(目次)http://meigennooukoku.net/
テーマ別名言集http://meigennokuni.blog.fc2.com/


菊池武夫(きくち・たけお)経歴(プロフィール)
日本のファッションデザイナー。ファッションブランド「タケオキクチ」の創始者、かつ初代デザイナーとして知られる。1939年5月25日、東京都千代田区に12人兄弟の6番目として生まれる。暁星高等学校を卒業し、文化学院美術科に入学。1956年に原のぶ子デザインアカデミーを卒業し、佐藤賢司らと「服飾モダン・グループ」を結成した
スポンサーサイト
  1. 2015/09/09(水) 00:14:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野並直文語録 | ホーム | 川崎正蔵語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3722-4776a84d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)