名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3814 収録語録数20076 (2016年12月3日現在)

日野富子語録

日野富子(足利義政の妻)語録1件



「偽りの ある世ならずはひとかたに たのみやせまし人の言の葉」
注釈:辞世の和歌


■明応2年(1493年)、義材が河内に出征している間に富子は細川政元と共にクーデターを起こして義材を廃し、義政の甥で堀越公方足利政知の子足利義澄を11代将軍に就けた(明応の政変)。その3年後、明応5年(1496年)に57歳で死亡した


関連サイト
トップページhttp://meigennooukoku.net/
テーマ別名言http://meigennokuni.blog.fc2.com/


日野富子(ひの・とみこ)経歴(プロフィール)
【1440年~1496年】室町時代後期から戦国時代前期の女性。室町幕府8代将軍足利義政の正室。山城(京都府)で生まれる。室町幕府の足利将軍家と縁戚関係を持っていた日野家の出身で、義政の生母日野重子は富子の大叔母にあたる。16歳で義政の正室となった。戦乱で苦しむ庶民をよそに巨万の富を築いた「悪女」「守銭奴」と評される事も多く、夫の義政が東山山荘の造営のため費用捻出に苦心していたときは、一銭の援助もしていない。一方で、火災で朝廷の御所が焼け、修復するため膨大な費用が必要になったときは自身の蓄財から賄ったりしていた
スポンサーサイト
  1. 2015/02/18(水) 20:54:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<齋藤峰彰語録 | ホーム | ダルビッシュ有語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3624-45fc8314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)