FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

高階基章の娘(清盛の先妻)と息子達

高階基章の娘(清盛の先妻)と息子達



【高階基章(たかしなの・もとあき)の娘】
清盛の最初の妻が高階基章の娘とされる。父親の基章(もとあき)は正六位相当の官職である右近衛将監(うこんえのしょうげん)の地位に就いていたとするところから、身分はかなり低かったとされる。基章の娘と清盛の間には長男・重盛(しげもり)と次男・基盛(もともり)の二人の子供が生まれているが、二人を生んで以降の基章の娘の動向は全く伝えられていない。このため基盛を生んだ後、基章の娘が病没したとみる研究者もいる。


【長男・重盛(しげもり)】
清盛の没後、家督をついだのは三男・宗盛(むねもり)であったが、宗盛はピンチヒッター的存在で元々清盛が後継者と考えていたのは高階基章の娘が産んだ長男・重盛(しげもり)であった。重盛は順調に昇進を重ね、最終的に内大臣(ないだいじん)という極めて高い官職に任命されている。重盛は保元・平治の乱で奮戦し、武将としても政治家としても第一級の人物だったとされる。 ところが重盛は42歳の若さで病没してしまった。そのためピンチヒッター的に宗盛が家督をつぐことになった。


【次男・基盛(もともり)】
基盛は保元の乱で父(清盛)とともに後白河天皇方に参加し、若干18歳ながら宇治路の警護に当たり、東山法性寺の辺りで崇徳上皇方に参陣途上の源親治を捕らえるという大功を立てる活躍をした。この功績が認められ蔵人に任じられ、従五位下に叙勲された。その後は大和、淡路の国司にも任じられたが、24歳の若さで早世した。定説では病死とされる。
   

平清盛関連資料一覧
http://bit.ly/zfxOTL
スポンサーサイト



  1. 2012/01/07(土) 23:53:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<浜口雄幸語録 | ホーム | 池禅尼と息子達>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/362-973f341a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)