名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

大村益次郎語録

大村益次郎(陸軍創設者)語録2件



「君のため 捨つる命は 惜しからで ただ思わるる 国の行末」
注釈:辞世の句


「常識を発達させよ。見聞を広くしなければならぬ。小さな考えでは世に立てぬ」


関連サイト
トップページhttp://meigennooukoku.net/
幕末の志士語録集http://bit.ly/zRORdP


大村益次郎(おおむら・ますじろう)経歴(プロフィール)
【1824年5月30日~1869年12月7日】幕末の長州藩士。通称は、村田蔵六(むらた・ぞうろく)、村田良庵(むらた・りょうあん)。日本陸軍の創始者、医師、西洋学者、兵学者。戦略家として、幕末はおろか日本史上でも類をみない能力をもつ。長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮し、勝利の立役者となった。維新の十傑の一人に数えられる。明治2年(1869年)、反対派の浪士に襲われて負傷し死去。享年46。位階は贈従三位、後に従二位。家紋は丸に桔梗
スポンサーサイト
  1. 2015/01/02(金) 18:01:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高原豪久語録 | ホーム | 松平定信語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3589-dc582695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)