FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

新渡戸稲造語録

新渡戸稲造語録全6件



「武士道とは、その象徴の桜の花と同じく日本に根づいた固有の文化である。それは干からびて血の通わない標本として、日本の歴史に埋もれているものではない。それは今でも私たちの精神力と美意識に根づいているのである」


「武士道は知識を重んじるものではない。重んずるものは行動である」


「人間は生まれ育った環境が違うのだから、それぞれの考え方やものの見方が違うのが当然である。その違いを認め合い、受け入れられる広い心を持つことが大切。これが『国際的な感性』である」


「武士道精神は損得勘定をとらない。むしろ足らざることを誇りにする」


「逆境にある人は常に『もう少しだ』と思って進むがよい。いずれの日か、前途に光明を望むことを疑わない」


「強き人はよく耐える。よく耐える人を強者という」



関連サイト
偉人のエピソード逸話集
http://bit.ly/xlkcNu


新渡戸稲造(にとべいなぞう)経歴(プロフィール)
1862年~1933年(文久2年~昭和8年)農学者・教育者。岩手県盛岡市生まれ。東京帝国大学、アメリカ、ドイツ留学。札幌農学校教授、東京大学教授などを歴任。国際連盟の事務局次長をつとめ、キリスト教による人間教育に徹する。38歳の時に英文「武士道」を発刊、新興国家日本の真の姿を紹介する本として世界中で大きな反響をおこした。72歳で没。
スポンサーサイト



  1. 2012/01/03(火) 16:27:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大河内正敏語録 | ホーム | 原敬語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/344-d0f0b24a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)