名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

野中千代子語録

野中千代子(野中到の妻)語録3件



「私は到さまと一緒に、富士山頂の観測所に籠って、お手伝いをしたいと思っています。妻が夫を助けることは当たり前のことではないでしょうか」
注釈:反対する、姑のとみ子に対してこのように決意をのべた


「観測の仕方はあなたの後をついて廻っている間に覚えたのですけれど、気象観測に関する専門知識は、あなたが、和田先生から戴いた気象観測という本を何度か読みました」
注釈:夫・到に気象観測の仕方を誰に教わったのかと聞かれてこのように答えた。最初、千代子が気象観測をすることに反対していた到だったが、今更、観測をやってはいけないとは云えなくなった


「明治28年の12月の富士山頂においては、野中到よりむしろ、野中千代子の方が主役であったようにも思える。(中略)現在の世に、野中千代子ほどの情熱と気概と勇気と忍耐を持った女性が果たしているであろうか。私は野中千代子を書いていながら明治の女に郷愁を覚え、明治の女をここに再現すべく懸命に書いた」
注釈:作家の新田次郎は小説『芙蓉の人』のあとがきで、千代子のことをこのように述べた


関連サイト
トップページ(目次)http://bit.ly/1j4tg4M
野中到(気象学者)語録 http://bit.ly/1tNC7w7


野中千代子(のなか・ちよこ)経歴(プロフィール)
【1871年~1923年】明治期に夫の至(本名:到)に協力して富士山頂で気象観測を行い、『芙蓉日記』(『報知新聞』連載)を著す。観測の記録は、のちに落合直文の『高嶺の雪』、新田次郎の『芙蓉の人』などの小説のモデルともなった
スポンサーサイト
  1. 2014/08/04(月) 22:50:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<村山聖語録 | ホーム | 和田雄治語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3435-ac2af568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)