名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

柳原白蓮語録

柳原白蓮(歌人)語録3件



「女とて一度得たる憤り媚に黄金に代へらるべきか」


「ともすれば死ぬことなどを言ひ給ふ恋もつ人のねたましきかな」


「恋しゅうて なつかしゅうて悲しゅうて どうしたらよいやら りうさま」


関連サイト
トップページ(目次) http://bit.ly/1j4tg4M
詩人(日本)語録集 http://bit.ly/1azzP6r


柳原白蓮(やなぎわら・びゃくれん)経歴(プロフィール)
【1885年~1967年】大正から昭和時代にかけての歌人。本名は宮崎燁子(みやざきあきこ)、旧姓:柳原(やなぎわら)。大正三美人の1人。白蓮事件で知られる。東京生まれ。東洋英和女学校卒。処女作:歌集『踏絵』、代表作:『幻の華』『指鬘外道』『地平線』
スポンサーサイト
  1. 2014/08/01(金) 15:45:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水谷豊語録 | ホーム | 森本公誠語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3430-458cfca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)