名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

与謝蕪村語録

与謝蕪村(俳人、画家)語録6件



「得たきものは強いて得るがよし」


「欲しいものがあるなら、勝ち取りなさい。見たいものがあるなら、見に行けばいいのです」
注釈:現代語訳


「菜の花や月は東に日は西に」


「花いばら故郷の路に似たるかな」


「笛の音に波もよりくる須磨の秋」


「朝顔や一輪深き淵の色」


関連サイト
トップページ(目次) http://bit.ly/1j4tg4M
詩人(日本)語録集 http://bit.ly/1azzP6r


与謝蕪村(よさ・ぶそん)経歴(プロフィール)
【1716年~1784年】江戸時代中期の日本の俳人、画家。江戸俳諧の巨匠の一人であり、江戸俳諧中興の祖といわれる。摂津国東成郡毛馬村(ひがしなりごおりけまむら)(現・大阪市都島区毛馬町)に生まれた。蕪村七部集(其雪影、明烏、一夜四歌仙、続明烏、桃李、五車反古、花鳥篇、続一夜四歌仙)
スポンサーサイト
  1. 2014/07/30(水) 22:00:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<江角マキコ語録 | ホーム | 近松門左衛門語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3426-f7306f0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/07/31 09:14)

大阪市都島区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/07/31(木) 09:14:14 |
  2. ケノーベル エージェント