FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

源頼朝語録

源頼朝語録全3件



「今度は天下の草創(そうそう)なり、もっとも淵源(えんげん)を究め行はるべく候(そうろう)」
訳:今は天下を草創しようとする時である。それがなぜ必要とされるのか、根本的理由を深く突き詰めて考えるべきである(京の九条兼実宛ての書状)


「大事を思ひはからふ者、物とがめをせず、事ならぬことを事になさず」
訳:大事をなそうと考えている者は、こまかなことを咎(とが)め立てせず、ささいなことを取り立てて問題にしない。


「身を重くし心を長くして、あだ疎かに振舞はず、小敵なりとも侮る心なくて、物騒がしからず計らひ、たばかりをするが、能き事にてあるぞ」
訳:自分の身を重々しく、気長に心をたもち、軽々しい行動はせず、小敵を見てもこれを侮らず、冷静にじっくりと計略を練るのがよい。



関連サイト
偉人のエピソード逸話集 
http://p.tl/4DWo


源頼朝(みなもとのよりとも)経歴(プロフィール)
1147年~1199年(久安3年~建久10年)鎌倉幕府初代将軍。平治元年(1159年)、平治の乱で父・義朝が敗れ、頼朝は伊豆に配流される。20年後、平家打倒のため挙兵。関東を平定し、鎌倉を本拠とした。木曽義仲、平家を滅ぼし、諸国に守護・地頭を設置。鎌倉幕府を創設した。享年53歳。
スポンサーサイト



  1. 2012/01/02(月) 00:18:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<乃木希典語録 | ホーム | 板垣退助語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/337-95759e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)