名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

鳩山邦夫(衆議院議員)語録

鳩山邦夫(衆議院議員)語録全13件



「地球環境問題を語るとき、日本だけの国益を考えてみても、ほとんど意味がなく、地球益という視点が大切である」


「為政者は、日本の歴史と伝統をふまえ、しっかりとした文明論を持ち、50年後、100年後の日本のあるべき姿を示さなければならない」


「私はユートピアを否定する。日本文明の行き着くところは、美と慈悲の社会、アルカディア(桃源郷)ともいうべき、森の環境国家の創造であると信じている」


「縄文文明以来、自然と共生してきた日本文明のすばらしさを理解しなくてはならない。そして、日本文明の持つ共生の精神を、世界に広げていくことこそ、地球人類の繁栄の永続につながるということを、誇りをもって発信するべきだ」


「歴史とは文字が現れてからだとか、農耕・牧畜を始めてからだとかいう人もいる。しかし、それは誤っている。ビッグバンから現在までのすべてが私たちの歴史である。その歴史の上に現在の自分たちがあり、歴史の延長線上にしか人間は生きていけないということを知るべきだと思う」


「自然との共生、そして環境問題にキーワードを求めるとしたら、それは生態系である」


「地球温暖化のデータを覚えさせたり、リサイクルの方法を教えることも環境教育として重要だとは思うが、究極の環境教育とは、子供たちに自然の大切さを教え込み、エコロジーを身につけさせることではないだろうか」


「国家的視点で見れば、経済優先をやめるしかない。経済の拡大をただひたすら求める今までの路線を続ければ、孫の時代にはゴミとエントロピーと食料不足による破滅が待っている」


「今、環境革命が起きなければ、数百年後、人類はゴミと熱に埋もれて滅びるしかないのである」


「環境と経済は、最終的には正面からぶつかる宿命にあるのかもしれない。だが、そのために初めから環境政策を経済に妥協させていけば、人類全体の衰退と滅亡を早める結果となる」


「私は人類や日本の永続性、あるいは繁栄の延長を最大の目的として政策を考えている。その最大目的のための手段として、炭素税ほど有力なものは他にないと思っている」


「四大文明は森林を徹底して破壊したから、土壌流出、不毛地帯の増加、食料生産の不能、気候の変化、砂漠化というルートをたどり、自滅していった。つまり、四大文明はすべて、自然と共生する知恵を持てなかったといえる」


「自然を理解させることこそ最高の環境教育であり、情操教育であり、人間教育である」


関連サイト
トップページ(目次) http://bit.ly/1j4tg4M
政治家(日本)語録集 http://bit.ly/Pr4POW


鳩山邦夫(はとやま・くにお)経歴(プロフィール)
日本の政治家、衆議院議員。文部大臣(第116代)、労働大臣(第59代)、法務大臣(第79・80代)、総務大臣(第10代)、内閣府特命担当大臣(地方分権改革)などを歴任。1948年9月13日東京生まれ。東京大学法学部政治学科卒。総理大臣秘書を経て衆議院議員に当選した。趣味は蝶の研究と料理。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/15(日) 21:59:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高島宏平語録 | ホーム | 写真家(日本)語録集>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3268-6435aec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)