FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

平清盛語録

平清盛語録全1件



頼朝の首をはね、わが墓前に供えよ
「この世でなそうとしたことはすべてやることができた。しかし、頼朝の首を見なかったことだけが無念だ。だから、すぐさま討っ手をさしむけて頼朝の首をはね、わが墓前に供えよ。それが何よりの供養だ」
注釈:病床の清盛は妻の時子に言い残すことはないかと聞かれてこう答えた。約20年前、平治の乱で頼朝の生命を助けたことを悔いていたに違いない。



関連サイト
平清盛家系図家系・一門
http://bit.ly/y5JQaG
平清盛関連資料一覧
http://bit.ly/zfxOTL


平清盛(たいらのきよもり)略歴
1118年~1181年(元永1年~養和1年)平安時代末期の武将・公卿・政治家。伊勢平氏の頭領である平忠盛の嫡子として伊勢産品(うぶしな、現在の三重県津市産品)で生まれる。生母は不明だが祇園女御の妹という説がある。保元、平治の乱で対立する勢力を一掃し、藤原氏に代わって政権をにぎる。太政大臣となり、娘の徳子を高倉天皇の中宮に入れ、その子供が安徳天皇となる。平氏の全盛を招き一門の繁栄をはかったが、反平氏勢力が各地で旗揚げするなか病死する。享年64歳。
スポンサーサイト



  1. 2011/12/28(水) 20:27:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平知盛語録 | ホーム | 大久保利通語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/317-af7dee8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)