FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

堀部安兵衛武庸語録

堀部安兵衛全1件



「むかし、若いころ、昼夜3日を飲みつづけ、その後、前後不覚のまま7日を眠りこけたものだが・・・目覚めてのち、まるで別の人間に生まれ変わったようなおもいがした」
注釈:安兵衛は相当な酒飲みであったと伝えられる。高田の馬場の決闘の時も二日酔いのままかけつけ、途中で冷酒を飲み元気をつけ、それから決闘場に乗り込み10数人を切り倒した。



関連サイト
大石良雄(内蔵助)語録
http://p.tl/Rlmc
偉人のエピソード逸話集
http://p.tl/4DWo


堀部武庸(ほりべ たけつね)経歴(プロフィール)
1670年~1703年(寛文10年~元禄16年)江戸時代前期の武士。赤穂浪士四十七士の一人。四十七士の中では一番の剣客で、大石良雄に匹敵する人気を誇る。通称は安兵衛(やすべえ)の名で有名。越後国新発田藩の中山弥次右衛門の長男に生まれる。1694年(元禄7年)、高田馬場での決闘が江戸で評判となり、赤穂浅野家家臣堀部弥兵衛の願いで弥兵衛の婿養子となる。1702年(元禄15年)吉良義央の屋敷へ討ち入りを決行。1703年(元禄16年)幕府の命を受けて切腹。享年34歳。
スポンサーサイト



  1. 2011/12/26(月) 07:32:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<加藤完治語録 | ホーム | 伊藤博文語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/309-ba088975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)