名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

小笠原清忠語録

小笠原清忠(弓馬術礼法小笠原流31世宗家)語録全3件



「小笠原家は鎌倉時代にはじまり、代々将軍家の指南役として仕えてきました。礼法を教える家はたくさんありましたが、武士にとって最も大切な武術まで教育できるのが当家しかなかったことが、常に政権に重宝されてきた理由でしょう」


「礼儀作法では、日常の心がけが一番大切です。玄関やトイレのスリッパを見ればその家の生活ぶりがわかります。これは会社にとっても当てはまるでしょう。玄関や受付の人の態度を見れば、その会社がわかるというものです」


「私は小笠原流の家元であるだけでなく、政府系金融機関の職員でもあります。当家は江戸時代までは、将軍家に武術や礼法を教えることで収入を得ていましたが、明治時代から生業は別に持って、礼法は余暇で教えるという決まりになりました。礼法はすべての基本だから、それを教えることを生活の糧にすると、ついつい金持ちに媚びへつらい技がいやしくなるというのがその理由です」


関連サイト
トップページ(目次)http://bit.ly/1j4tg4M
テーマ別名言格言 http://bit.ly/1jIa9Nh


小笠原清忠(おがさわら・きよただ)経歴(プロフィール)
小笠原流礼法の三十一世宗家。初代小笠原長清から継承されてきた小笠原流とは、「弓と馬と礼」の三法を一体として司る諸芸流派。1943年10月、三十世宗家・小笠原清信の長男として東京神田で生まれた。慶應義塾大学商学部卒。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/04(日) 21:22:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中居正広語録 | ホーム | 鈴木健二語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3060-72d5e57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)