名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

明智光秀語録

明智光秀(戦国大名)語録全5件



「吾が敵は本能寺にあり」


「鳴かぬなら 私が泣こう ほととぎす」


「仏の嘘を方便と言い、武士の嘘を武略と言う、百姓は可愛きことなり」
出典:『老人雑話』より
意味:仏の嘘も武士の嘘も許されるのに、年貢をごまかした百姓だけを罰するのはおかしい。百姓の嘘など可愛いものではないか。


「いざ、お前を50日のうちに輿(こし)に乗せる身分にしてみせる」
注釈:貧しかった頃、光秀の妻は時には髪を切って金銭的に工面して夫を支えた。そんな妻に心打たれた光秀は、『お前をきっと50日のうちに輿に乗せてやれる身分にしてやる』と誓い、やがて実現させた。


「順逆二門に無し 大道心源に徹す 五十五年の夢 覚め来れば 一元に帰す」


関連サイト
トップページ(目次)http://bit.ly/1j4tg4M
戦国武将語録集 http://bit.ly/xdI9T4


明智光秀(あけち・みつひで)経歴(プロフィール)
【1528年~1582年】戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。戦国大名・織田信長の重臣の一人で、日本史の謎の一つとされる本能寺の変を起こした事で有名である。家系は清和源氏の摂津源氏系で、美濃源氏土岐氏支流である明智氏。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/03(土) 20:29:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<佐藤義則語録 | ホーム | ジャック・マリタン語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3054-f37b9d3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)