名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

椎名麟三語録

椎名麟三(小説家)語録全2件



「今日はという挨拶やお天気の話などは、挨拶のなかで一番重要な深い意味をもっている」


「人間の苦しみや悲しみで、人間の戦い得ないものはないのだ」


関連サイト
トップページ(目次)http://bit.ly/1j4tg4M
作家(日本)語録集 http://bit.ly/RC9JWI


椎名麟三(しいな・りんぞう)経歴(プロフィール)
【1911年~1973年】日本の小説家。本名は大坪昇(おおつぼ・ のぼる)。兵庫県の現・姫路市で生まれた。著作『深夜の酒宴』『懲役人の告発』『赤い孤独者』『永遠なる序章』『邂逅』『重き流れのなかに』『愛と死の谷間』『雨は降り続いている』など。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/02(金) 22:10:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小出義雄語録 | ホーム | 中井久夫語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3047-5d19b4b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)