FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

田原総一朗金総書記の死去についての発言

以下、田原総一朗本人のメルマガの内容(12月23日配信)



題名:「金総書記の死去で思うこと」

田原総一朗です。
12月19日の正午、北朝鮮の金正日総書記の死去が報じられた。現地指導に向かう途中、野戦列車の中で心筋梗塞に見舞われたと言われている。

僕は、金総書記の死去に関する報道を見ていて、不満に思うことがある。ひとつは、なぜ中国の動向を報道しないのかということである。

僕は、北朝鮮は長い間、喪に服すことになると思う。50日か100日か。いや、もっと長くなるかもしれない。喪に服すことによって混乱をおさえ込む。時間稼ぎをしているのである。

そしてその間に中国が北朝鮮の上層部を説得する。「政府内に確執が生まれるのは北朝鮮のためにならない」「若い金正恩氏に問題はあるが、ここは秩序を保つべきだ」そんな説得から全面的な支援まで、結局は中国がすべて面倒を見る。つまり、北朝鮮の後継体制のカギを中国が握っているのである。中国がどのような手段で金正恩氏を支援していくのか。
これが見所なのである。ところが、日本のマスコミには中国の情報がほとんど入ってこない。

北朝鮮の動向をもっとも注視しているのは中国の胡錦濤国家主席である。彼がどう動くか。
北朝鮮問題のポイントがここにあるのだ。

もうひとつ、朝鮮半島がらみで僕が不満に思うことがある。12月17日に、韓国の李明博大統領が来日した。日韓の首脳同士が交互に訪問する「シャトル外交」の一環である。
そして翌日、野田佳彦首相と京都迎賓館で約1時間の会談をした。

その会談で野田さんは、経済分野で日韓がいかに協力し合うかをテーマにしようとしていた。ところが、李大統領は従軍慰安婦問題にばかり言及し、野田首相を追いつめたのである。

マスコミ各紙は「会談は慰安婦問題で緊張」「賠償請求問題が再燃」といったトーンで報道している。しかし、僕は問題の捉え方が違っているのではないか、と思う。そもそも李大統領は慰安婦問題の解決について日本に期待していない。

韓国では、来年4月に総選挙がある。12月には大統領選がある。今年10月のソウル市長選で与党は敗北しているため、李大統領は日本に強硬な姿勢を示さないとならない。韓国は「反日」で連帯するからだ。だから、ここで日本に対して強く出て国内での支持率を
上げておきたいのである。慰安婦問題が持ち出されたのはそのような韓国の国内事情がある。

野田さんも少し誤解をしているようだ。慰安婦問題を「法的に決着済み」と伝えているが、
一般的に「決着済み」というときは1965年の日韓国交回復での協定を指す。もしそうであるならば、野田さんはやや認識不足だろう。当時、まだ韓国は慰安婦問題を十分にわかっていなかった。これをもって「決着済み」と言うのは無理がある。

それでも、1998年の小渕恵三内閣のときに金大中大統領が、「過去を問わない。未来志向でお互いの関係を発展させよう」と言っている。これでこの問題は僕は「決着済み」だと思う。

ただ僕が問題だと思うのは、日本が慰安婦問題を総括していないことにある。総括をせずに曖昧なままにしている。僕たちは太平洋戦争についても総括をしてこなかった。戦争が終わったあと、極東軍事裁判でA級戦犯が処刑されるなどした。ただそれは、あくまでも
連合国側が総括したのであって、日本が総括したわけではないのである。

金正日総書記の死去で、しばらくは朝鮮半島から目が離せない。政治情勢も大きく変わるだろう。
 


関連サイト
偉人のエピソード逸話集 
http://bit.ly/xLH35E


田原総一朗(たはらそういちろう)経歴(プロフィール)
1934年~(昭和9年~)ジャーナリスト。滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画、テレビ東京を経て1977年、独立。評論家、ジャーナリスト、テレビの司会者としても活躍。著書に「日本の官僚」「日本の戦争」「日本の政治」「日本の戦後」など150冊を超える。
スポンサーサイト



  1. 2011/12/23(金) 17:44:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<吉田松陰語録 | ホーム | 嶋田卓弥(蛇のミシン元社長)語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/304-17914c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)