名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3815 収録語録数20084 (2016年12月4日現在)

松井道夫語録

松井道夫(第4代松井証券社長)語録全22件



「最初からあきらめていては、何も始まらないのだ」


「だいたい、資本主義、市場経済の世の中で、国境を気にすること自体が間違っている」


「『人の行く 裏に道あり 花の山』という相場の格言がありますが、これは経営にも当てはまります。他人と同じことをやっていたら、たいした利益は上がらないんです」


「自分が問題意識を持ち、常に考えていれば、どんな人の話を聞いていても必ず何か役に立つものである」


「そもそも経営とは会社の進む方向と、時代の潮流とのギャップを埋める作業だと思います」


「『損して得取れ』というのは、非常に含蓄に富んだ言葉だと思う。お客から支持されなければ、商売は成り立たない。お客に来てもらうには、こちらが損をしてでも、お客に喜んでもらわなければならない。これは商売の原点だ」


「人間の根元的な部分に反することは、通用しない」


「論理で割り切れないところに、チャンスがある」


「一番大切なのは『個』だ。主体的な『個』である。感性や美意識をベースにして仕事をしなくてはいけない。主体的に生きる人間だけが社会からスポイルされない。従属した『個』に明日はない」


「デジタルが進化すればするほど、実はアナログというか、人間が本来持っている感性や感情から成り立つ、主体的な『個』が重要になってくるのだ」


「一番大事なのはアナログの感性。美しいな、良いなという気持ちに対して人はお金を払うことになる」


「できる人かどうかの必要条件は、自由に意見を言えるかどうかである。議論を戦わせることができるか否かに尽きる」


「誰も彼も、なぜこうも『できない理由』を一所懸命に探し、それを自分に言い聞かせているのか?それで一体どうなるというのだろうか?」


「新しいことは、批判精神からしか生まれない。一番大事なのは哲学するということ。自分の頭で考えること、自分を信じるということ」


「社長にとって一番大事なのは思い込みなんです。思い込みがなかったら何も行動できないのです」


「10人中9人がうなずくことは、たいてい間違っている」


「インターネットというのは、単なるツールの転換ではありません。コンセプトの変革です。インターネットは電話の代わりではなく、営業マンの代わりなのです」


「積極的ニートは逆に見込みのある若者たちですよ」


「商売の相手は、数字ではなく人間だから、最後に頼りになるのは、やはり感性だけなのだ」


「会社の文化というのは、やはり経営者がつくるものです。経営者次第で会社は浮かびもすれば沈みもする」


「当たり前の話ですが、利益を増やすのが会社の目的です。そして利益を一番大きくするには、時代に合ったことをやることだと考えています」


「『たわ言』から、すべてが始まるんです。それをあえて唱えて、その実現に向けて悩み苦しむことが本来のビジネスなんです」


関連サイト
トップページ(目次)http://bit.ly/1j4tg4M
名経営者(日本)語録集 http://bit.ly/NElxeK


松井道夫(まつい・みちお)経歴(プロフィール)
第4代松井証券社長。松井証券中興の祖。ネット証券事業に参入し、同社の業容を大きく拡大した。旧姓・務台。1953年3月22日、長野県東筑摩郡波田村(現・松本市)生まれ。一橋大学経済学部卒。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/01(木) 07:00:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<安田佳生語録 | ホーム | 上田研二語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/3034-02218b81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)