名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

角倉素庵語録

角倉素庵(国際貿易の大商人)語録全3件



「利を共にするは小なりといえども還って大なり」


「およそ貿易ということは両者の取引を通じて人と己を利すものである」
出典:『舟中規約』
注釈:貿易というのは相手も儲けてこちらも儲けるものであり、相手側に損をさせてこちら側ばかりが利益を得るというのは貿易の道ではないといった意味。


「どんなにこちら側の利益が大きくても、その分だけ相手が損をしたのであれば、これは正しい貿易ではない。利益を共にするときは、たとえその利益が少なくても結構なことである。相手と自分が同じように儲ける条件が整っていなければ、その利益が大きくてもダメだ」


関連サイト
トップページ(目次)http://bit.ly/1j4tg4M
貿易についての名言集 http://bit.ly/1e5L4Up


角倉素庵(すみのくら・そあん)経歴(プロフィール)
【1571年~1632年】江戸時代初期の国際貿易の大商人、土木事業家、書家、保津川の開削をした角倉了以の長男。
スポンサーサイト
  1. 2014/03/19(水) 21:46:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウエルデン・ホームズ語録 | ホーム | 渡部昇一語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2829-afadacd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)