名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3815 収録語録数20084 (2016年12月4日現在)

(元ソ連課長、欧亜局長)東郷和彦語録

(元ソ連課長、欧亜局長)東郷和彦語録全2件



「日本政府の中で、国際法や国際条約についての最終的な解釈権は外務省の条約局長が持っている。そして、この権限は、憲法をはじめとする国内法について内閣法制局長官が持っている権限と同等の、極めて強いものである」
出典:『北方領土交渉秘録』


「外交の本旨は、国家と国民の利益のために貢献することにある。変化する現実の中で国家と国民の利益に最も応えると信じる施策を立案し、その実現のためにたゆまぬ努力を続けていくことが、国民の前に、職業としての外交官の意義を示すこととなる。私は、そう確信する」
出典:『北方領土交渉秘録』


関連サイト
トップページ(目次)http://bit.ly/1j4tg4M
外交官(日本)語録集 http://bit.ly/1b3T5Oz


東郷和彦(とうごう・かずひこ)経歴(プロフィール)
日本の元外交官。京都産業大学法学部教授(専門は国際関係論)、ライデン大学人文科学博士。1945年1月10日生まれ。東京大学卒業後、外務省入省。モスクワ大使館勤務、ソ連課長、欧亜局長を経てオランダ大使を最後に退官した。祖父は日米開戦・終戦時の外務大臣、東郷茂徳。父は外務省事務次官、駐アメリカ大使を歴任した東郷文彦。外交サラブレットの家系である。
スポンサーサイト
  1. 2014/03/16(日) 18:52:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<相田みつを語録 | ホーム | 小津安二郎語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2816-46be0365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)