名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3878。収録語録数20648(2017年3月28日現在)

山本為三郎語録

山本為三郎語録全2件



「その人になりきってしまって、その人が怒るときには私も怒り、その人が泣くときは私もまた泣いてものを考えているのである」


「大阪の道修町の街は端から端まで薬屋が並んでいるが食うか食われるかの激しい競争ではなく共存共栄の精神で徹してきたのだと思う。これが本当の大阪商人である」
注釈:山本の家は生粋の大阪町人であり、大阪人を知りたければ山本の家にいけば一番正統な大阪が残っていると言われるぐらいであった。


関連サイト
山本為三郎の知られざる逸話
http://bit.ly/z4pTlu


山本為三郎(やまもとためさぶろう)経歴(プロフィール)
1893年~1966年(明治26年~昭和41年))実業家。ビール王、ホテル王と呼ばれた。大阪市中央区船場生まれ。明治42年、旧制北野中学校(現、北野高校)在学中、家業早期継承のため父が隠居、家業を継ぐ。昭和24年、朝日麦酒(現・アサヒビール)社長に就任。その後、新大阪ホテル、大阪ロイヤルホテルを設立。昭和30年、東京交響楽団理事長に就任。昭和41年、実業家として現役のまま、72歳で死去。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/16(金) 22:53:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<吉田茂語録 | ホーム | 米倉弘昌語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/269-77915f01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)