名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

チャールズ・フランクリン・ケタリング語録

チャールズ・ケタリング(米国の発明家)語録全18件



「999回失敗しても、1回うまくいけばいい。それが発明家だ。失敗は、うまくいくための練習だと考えている」


「人が欲しいと思うものを作ればビジネスは自然と立ち直る」


「発明家は、学校で教わったことなど、あまり重視しない」


「過去に興味はない。未来に興味がある。なぜなら、そこで残りの人生を過ごすことになるからだ」


「進み続けなさい。期待していたことが、偶然にでもつかめるはずだ。座ったままで、偶然にチャンスを見つけたという話は聞いたことがない」


「心を開いていれば、そこは常にフロンティアだ」


「この世の中には最初からうまくいくものなどほとんどない。成功へと至る道では、失敗、それも度重なる失敗が道しるべとなる。失敗したくなければ、何もせずじっとしているほかない。試行錯誤を重ねながら、成功を目指して一歩一歩前進していくことが大切だ」


「成功の99パーセントは以前の失敗の上に築かれる」


「科学者になりたければ、一度成功するまでに99回失敗するのも辞さず、それでプライドが傷ついてはいけない」


「自由に開かれた心があれば、必ず地平線は開ける」


「成長は与えられるものではなく、自らの手で勝ち取るもの」


「考えることだけには、いまだかつて課税できた人間はいない」


「失敗する事を恥ずべきではなく、その原因を明らかにする為にあらゆる失敗を分析すべきである事を良く教える必要がある。失敗するという事はこの世で重要な教育科目の一つなのだ」


「足を速めれば速めるほど、つまずく可能性は大きくなるが、どこかにたどり着く可能性も大きくなる」


「明確に問題を述べることが出来れば、すでに半分解決されたようなものである」


「自分自身を信じ、自分の考えを信ずるなら、たいていは成功することを私は発見した」


「何度失敗してもあきらめず、しかも、それを気にしないこと」


「失敗が許されないのは、最後の挑戦の時だけだ」


関連サイト
トップページ(目次)http://bit.ly/1j4tg4M
発明についての名言 http://bit.ly/1jNuIrF


チャールズ・フランクリン・ケタリング経歴(プロフィール)
【1876年~1958年】米国の技術者、教師、科学者、発明家、社会哲学者。ゼネラル・モーターズ(GM)のデルコ・エレクトロニクスの前身である、「デルコ」の創設者。(エドワード・A・ディーズとの共同事業)。300以上の特許を取得した。主な発明に「レジスターの電動化」「車やバイクのイグニッション・システム(点火装置)」「自動車のセルフスターター」「性病の治療法」「未熟児の保育器」「携帯ライト」「ミサイルの前身である空中魚雷」「エンジン発電機」など。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/07(金) 06:18:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アーサー・ケストラー語録 | ホーム | ジョナサン・スウィフト語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2659-186dd327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)