名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3815 収録語録数20084 (2016年12月4日現在)

五木寛之語録

五木寛之(作家)語録全23件



「楽しいことは長続きする。好きなことは長続きする。気持ちのいいことは長続きする。そうでないことは、どんなに強制されても結局は続かない」


「出る杭は打たれるけれど、出ない杭は腐る」


「スターは存在感がすべてですね」


「味わう、ということは、どんなささやかなことでも、宝石に変えてしまう不思議な体験です」


「私たちは死ぬときは、ただひとりで逝く。恋人や、家族や、親友がいたとしても、一緒に死ぬわけではない。人は支えあって生きるものだが、最後は結局ひとりで死ぬのだ」


「世の中に、自分で試してみないでわかることなんか、ひとつも無い」


「人生の目的は、『自分の人生の目的』をさがすことである。自分ひとりの目的、世界中の誰ともちがう自分だけの『生きる意味』を見出すことである」


「いつまでも若い気になって、世界に覇を唱える必要はない。これからの日本は少子化と豊かな精神の大国への道を歩いていけばいい」


「私たちは、人間にとって自由になることとならないことがある、ということを受け入れなければなりません」


「人生において、三分の一を占める眠る時間を尊敬しなくちゃいけない」


「ここにある絵のなかでどれを盗むかということを本気で考えながら絵を見ると、とっても真剣になれる」


「一日に一回、どんなことがあってもよろこぶ。そう決心しました」


「人間これという一つに打ちこんだら、驚くほどのことができる」


「ずっとひとつの夢を抱きつづけて努力することは、たしかに奇跡みたいなことをよびおこすんだよなあ」


「自分を愛せる人間が他人をも愛せる」


「才の背後には魂が必要だ」


「人間は誰でも自分がいちばん大切なのです。そして、そのことをほんとうに自覚した人間だけが、自然なかたちで他人を大切に思うことができる」


「自分だけの独自のスタイルを持つということは、どんな商売にせよ、大事なことさ」


「21世紀は情報社会だけど、情報の情は『情(こころ)』なんです。そう考えれば、現代は“こころ”の時代ということになりますね」


「思想、アイデア、学問、文化。これからの日本はそうしたもので世界をリードしていけばいい。人口は少なくてもいい。経済大国になる必要もないと私は思っています」


「人生の目的の第一歩は、生きること、である」


「背伸びすることで成長するという面も人間はあるんだよ」


「もしプロという言葉があるとしたら、それは技術ではなく、自己犠牲を伴う努力なり研鑽を己の生き甲斐にできるかという、その一点にかかっているんじゃないですか」


関連サイト
トップページ(目次)http://bit.ly/1j4tg4M
作家(日本)語録集 http://bit.ly/RC9JWI


五木寛之(いつき・ひろゆき)経歴(プロフィール)
日本の小説家、エッセイスト、評論家。1932年9月30日福岡県八女郡で生まれた。代表作『さらばモスクワ愚連隊』『蒼ざめた馬を見よ』『風に吹かれて』『青春の門』『大河の一滴』など。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/21(火) 20:29:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<成毛眞語録 | ホーム | 柴田トヨ語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2617-9ad3d45a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)