名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

尾崎行雄語録

尾崎行雄(憲政の神様)語録全10件



「人生の本舞台は常に将来にあり」


「過去はみな未来のわざの備えぞと知れば貴し悔いも悩みも」


「雄弁は人格」


「自尊心のある人は権力に屈しない。自尊心のある人は金銭に迷わされない」


「我が国には、徒党はできても政党はできない」


「戦争は勝っても負けても悲惨な状況をもたらす」
注釈:1919年、第一次世界大戦後のヨーロッパを視察。帰国後、平和主義、国際主義の必要を説いた。


「国家至上主義は利己的で、狭い利益にとらわれた島国根性」
注釈:国家同士が互いに自国の利益独占を求めれば、当然そこに衝突が生じる。それではいつまでたっても戦争はなくならない。今求められるのは、国家至上主義ではなく国際協調主義であり、愛国心ではなく人類愛であるとした。


「利害損得のみに執着する日本人の封建思想をたたき直して、正邪善悪に基づいて行動する人間をつくることが、民主主義の目的であり、教育者の使命である」


「近頃、民主主義をはきちがえて、自分の、または少数団体の欲望を満たすために、他の多数の迷惑を顧みず、わがまま勝手を振る舞う心得違いのものがだいぶ増えたようだ。こうゆう不心得ものに、正邪善悪の物差しを教え込むことが、民主主義教育の一大使命である」


「人を殺すものは労苦ではなく、クヨクヨすることだ」


関連サイト
トップページ(目次)http://bit.ly/1j4tg4M
政治家(日本)語録集 http://bit.ly/Pr4POW


尾崎行雄(おざき・ゆきお)経歴(プロフィール)
【1858年~1954年】日本の政治家。日本の議会政治の黎明期から戦後に至るまで衆議院議員を務めた。「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれる。現・神奈川県相模原市緑区又野)生まれ。選挙区は三重県。
  1. 2014/01/16(木) 05:52:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<横尾忠則語録 | ホーム | 鳥羽博道語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2607-febc10c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)