名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

ピーター・ドラッカー語録

ピーター・ドラッカー語録全61件



「真摯さはごまかせない」


「経営トップの一番大事なことは何か、それは品性だ」


「決断の場面にあっては、トップはつねに孤独である」


「勇者は一度しか死なないが、臆病者は千回も見苦しい死をとげる」


「寝床につくときに、翌朝起きることを楽しみにしている人間は、幸福である」


「チャンスとは、ひとつのことに一心に集中することによって、かろうじて見つけることができるものである」


「最も重要なことから始めよ」


「自分はここで何を貢献できるかを考えよ」


「神々はすべてを見通しているから、どんなに難しくても、自分の仕事は完璧を期せよ」


「CEOは、組織の中において権力を中心ではなく、責任を中心に考えるべきである」


「21世紀に重要視される唯一のスキルは、新しいものを学ぶスキルである。それ以外はすべて時間と共にすたれてゆく]


「上司を過大評価することはあってもいいが、決して過小評価するな」


「経営管理の96%は、ルーティーン的な定例反復業務であることを、ゆめ忘れてはならない」


「世界一になりなさい。さもなければ撤退しなさい」


「すべての文明、あるいは国の中で、日本だけは、目よりも、心で接することによって理解できる国である」


「イノベーションの戦略の一歩は、古いもの、死につつあるもの、陳腐化したものを計画的かつ体系的に捨てることである」


「最も重要なのは、タスクに目を配ることであって、自分自身についてではない」


「経営者に必要なのはキャラクターの高潔性だ」


「企業にとって何よりも大事なのは、新しい生きたアイデアをどう生むかだ」


「階層をなす組織の危険は、上司の言うことを部下がそのまま実行することだ」


「我々が行動可能なのは現在であり、また未来のみである」


「コストも社会現象の1つである。企業経営の大きな成果は、少数の社員がもたらす」


「日本人の強みは、組織の構成員として、一種の家族意識を有することにある」


「表の風に吹かれろ!」


「誰かが勇気ある決断をしなければ、どんな事業も成功しないだろう」


「もし私が会社の社長だったら、一番恐れることは、大会社とその経営者が自分では露ほども不法なことをしていると考えず、道徳観念がルーズで無神経に行動することである」


「市場に関する報告書など信頼してはいけない。マーケットはトップ自身の目と足で確かめよ」


「企業は何よりもアイデアであり、アイデアを生むことができるのは個々の人間だけである」


「物事は、人が思ったり、言ったりすることの2倍かかる」


「経営者と知識労働者にとっての唯一のツールは情報である」


「生産性の本質を測る真の基準は量ではなくて、質である」


「リーダーは尊敬されるが、必ずしも好かれるとは限らない」


「すべての偉大な戦略は、最終的にドンくさい作業によって実現される」


「この世界では何らかの仕事ができる人間はむしろ稀である」


「科学的経営経済学などは存在しない。業績を上げる方法は、実は誰でもが承知している」


「人材は、企業規模とは無関係である」


「傲るな。企業は、社会に存在させていただいているものだ」


「金融・財務面の要請は、企業の成長速度の4倍速く走る。だからこそ、早めに手を打つことが必要だ」


「選択肢を前にした若者が答えるべき問題は、正確には、何をしたらよいかではなく、自分を使って何をしたいかである」


「コミュニケーションで一番大切なことは、相手が口にしていないコトバを、聞き分ける力である」


「組織は常に、進化していなくてはならない」


「砂漠では、教養など何の役にも立たない。生きる技術を持っているかどうかが生き残れるかどうかを分ける。厳しいビジネスの世界も同じである」


「これまでの実績など捨てなさい。自分の強みを過信した者は、生き残れません」


「改善の目的は、製品やサービスを改良し、2・3年後にはまったく新しい製品やサービスにしてしまうことである」


「どんな分野でも、普通の人であれば並の能力は身につけられる。卓越することはできないかもしれない。卓越するには、特別の才能が必要だからである。だが、成果を上げるには、成果を上げるための並の能力で十分である」


「昨日を捨てよ。自分が得意だと思っていることに溺れるな。物事の本質を鋭く透察する心を持て」


「定年の必要は実際のところ、年老いたということではない。おもな理由は、若者たちに道をあけなければならないということにある」


「手っ取り早く、効果的に生産性を向上させる方法は、何を行うべきかを明らかにすることである。そして、行う必要のない仕事をやめることである」


「未来を語る前に、今の現実を知らなければならない。現実からしかスタートできないからである」


「本物の変化とは人が行うことであり、流行とは人が言うことである」


「学校は長くいればいるほど、自分で意志決定を行う機会が少なくなる」


「経営者が第1になすべき、また絶えず行うべき職責は、現存の資源を用いて最高の成果をあげることである」


「知識労働とサービス労働は、何を行うかどのような技能によって行うかによって生産性が左右される」


「たいていの経営者は、その時間の大半を過ぎ去ったきのうの諸問題に費やしている」


「自らが自らに求めるものが少なければ成長しない。だが多くを求めるならば、何も成長しない者と同じ程度の努力で、巨人にまで成長する」


「なにかが成し遂げられるときには、かならずその使命のほかには何も考えられない偏執狂的な人間がいるものだ」


「計画とは未来に関する現在の決定である」


「生産性とは機械や道具や手法の問題ではなく、姿勢の問題である。換言するならば、生産性を決定するものは、働く人たちの動機である」


「経済的発展において最大の資源となるのは人間である。経済を発展させるのは、人間であって、資本や原料ではない」


「管理者は、高潔な品性をもってこそ、指導力を発揮し、多くの人の模範となりうる」


「企業経営のエッセンスは、何かに『卓越』することと、『決断』することである」


関連サイト
名経営者(世界)語録集
http://bit.ly/QD5jm3


ピーター・ドラッカー経歴(プロフィール)
【1909年~2005年】世界的な経営学者。マネジメントの父。オーストリア・ウィーン生まれ。ハンブルク大学、フランクフルト大学を経て公法、国際法の博士号を取得。29歳にしてナチスの本質を暴いた「経済人の終わり」を発表し、後のイギリス首相チャーチルから激賞を受けた。クレアモント大学院で教鞭をとりながら、数多くの企業、病院、政府、大リーグ球団など様々な分野で経営コンサルタントとして活躍。現代のマネジメントの理論を世に知らしめ、経営学の第一人者となった。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/15(日) 08:36:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<藤田晋語録 | ホーム | 勝間和代語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2565-8ab4a18b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)