名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

堀江貴文語録

堀江貴文(ホリエモン)語録全41件



「もっと勉強しないとずる賢い人に騙されちゃいますよ」


「お金が最も公平な価値基準です」


「詰んでるのに穴熊やってもしょうがない」


「失敗しても命までとられることはない。ゼロになるだけ」


「好きな仕事にめぐり会うことができた人は幸運である。その幸運を活かさない手はない」


「寝食を忘れるほど、仕事に打ち込んでみることだ。そこから道は開けてくる」


「物事というのは、安定している状態を保つことが一番難しい」


「権力も金もない若い人間が、年寄りに勝つにはどうすればいいのか。それは、こちらの得意なフィールドで勝負することだ」


「経験というものは、どれだけ時間を過ごしてきたかではなく、どれだけの濃い密度の人生を過ごしてきたかによって決まる」


「本来、やりたいことを見つけることは、それほど難しいことではないはずだと私は思う。極端な話をすれば、やりたいことが見つからないというのは、やれないと単純に思い込んでいるだけだ」


「不安に対する一番の解決策は、とにかく忙しくなること。失敗したらどうするかを考えていても、意味はないし、たいしたものを持っていないあなたがゼロになることを、なぜ恐れるの?」
出典: 『夢をかなえる「打ち出の小槌」』


「私が東大をやめるとき、夢にまで東大が出てきた。けれど、勇気をもって損切リができたかどうかで、その後の人生が変わってくるのだ」
出典: 『夢をかなえる「打ち出の小槌」』


「就職とは、他人のリスクコントロールの支配下に入るということです。要するに自分の運命を他人に支配されるわけです」
出典:『稼ぐが勝ち』


「だいたい日本の会社って構造がネズミ講なんですよ。ピラミッドの頂点に近づけばいい目が見れるけど、底辺にいる間は死ぬほど働かされて搾取されまくる」
出典:『儲け方入門』


「人間にできないことなんて何もない。自分で大きな関門を設定し、それを越えろ。そうすれば必ず大きな自信がつく」
出典: 『夢をかなえる「打ち出の小槌」』


「貯金がなくてもいざというときには、誰かからお金を借りればいい。もし借りられないのなら、それまでの生き方が間違っていたのだ」
出典: 『夢をかなえる「打ち出の小槌」』


「自分で会社を起こさない限り、搾取の対象になるのは一生まぬがれない」
出典:『稼ぐが勝ち』


「起業家は現代の貴族階級」


「商売の良いところは、自分ですべてのリスクをコントロールできるところにある。不確定要素が多いように見えて、実は不確定要素があったら、それを回避すればいいだけの話」
出典:『100億稼ぐ仕事術』


「お金がない人は国を捨てたら難民になるしかありませんが、お金があれば逃げられるんですよ、全世界どこへだって、合法的に」
出典:『儲け方入門』


「不動産というのは、資産として見てもあまり魅力がありません。文字通り動かない、すごく流動性が低い資産だからです」
出典:『僕が伝えたかったこと』


「いずれ起業したいと考えるなら、わざわざ遠回りをせず、すぐに会社をつくればいいじゃないですか。
そうすれば無駄な時間を使わなくてもすむし、満員電車で嫌な思いをしたり、アホな上司にこき使われることもありません」
出典:『儲け方入門』


「厳密なコスト計算こそ、企業の生命線である。コスト計算が甘いと、どんなにすぐれたビジネスモデルも、崩壊の危機に直面する」


「とにかく寝食を忘れ、自分の全神経を注ぎ込むくらいに集中しなければ、結果は出せない」


「情報をたくさん持っていれば、アイデアなんてそれこそ山のように浮かぶわけで、なにも思いつかないというのは、手持ちの情報量が少ないからなんです」
出典:『儲け方入門』


「M&Aは、新しい分野に乗り出すときのもっとも効率的な手法です。まず何よりも重要なのはスピードです。新事業を起こすのに時間がかかってしまえば、チャンスは失われてしまう可能性がある。失われないまでも、遅くなるほど悪条件が出てきます」
出典:『世界一の金持ちになってみろ!』(竹村健一&堀江貴文共著)


「いい人脈とは、人の流れのことだ。いい人の周りには、いい人が自然と集まってくる。だからひとりいい人とつきあっていると、その人を起点にいい出会いが次々に起こってくる」
出典:『儲け方入門』


「格差なんてあって当然。みんな同じだったらつまらないでしょ」


「考えようよ。考えれば道は開ける」


「成功の秘訣は誰も気づいていないビジネスチャンスにいかに早く気づくかだ」


「成功したいのなら、夢を語る人間であれ。成功者とは、煽動者でもあるのだ」


「ビジネスというのは、いかにニッチを探してニーズを掘り起こすかが勝負なんです」
出典:『儲け方入門』


「ビジネスの成功において必要なのは、むしろ発明することより、いち早く発明や発明者を発見することであろう」


「起業して成功する秘訣は、まだ誰も気づいていない可能性にいち早く気づくことだ。それに尽きる」


「誰もがダメだと思って手を出さないからこそ、そこにチャンスがあるんです」
出典:『儲け方入門』


「無理だと思う必要はどこにもない。追い求めていかなくては、可能性は消えてしまう」


「人間には出来ないなんてことは何一つない。可能性があるのだから、方法さえ考え出せばいい話だ」


「目的に向かって、シンプルに大局をとらえる。それが大切です」


「やると決めたら、いますぐはじめてください。『そのうち』『来年こそ』なんて言ってる人は、一生成功することはありません」


「会社がつぶれるのは運が悪かったか、単純に勉強不足かどちらかでしょう。運が悪かっただけで一定のノウハウを持っているなら再チャレンジすればいい」


「企業経営に一番大切なものはなんですかとたずねられると、いつも僕はこう答えています。ものごとをシンプルに考えること。シンプル イズ ザ ベストと。シンプルが一番ということは人類が長年の経験から得てきた教訓だと思う。多くの経営者は同じ質問を必要以上に難しく考えてしまうのです」


関連サイト
芸能界(日本)語録集 http://bit.ly/UcuzAj
創業者(日本)語録集 http://bit.ly/OcUwdW


堀江貴文(ほりえ・たかふみ)経歴(プロフィール)
起業家、ライブドア元社長、1972年生まれ。福岡県 八女市出身。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/14(土) 22:45:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アメリカの哲学者語録集 | ホーム | 米長邦雄語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2556-b8032056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)