名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

ネルソン語録

ネルソン・マンデラ語録全13件



「生まれたときから、肌の色や育ち、宗教で他人を憎む人などいない。人は憎むことを学ばないとならないのだ。もし憎しみを学ぶことができるのなら、愛を教えることもできる。愛は、憎しみに比べ、より自然に人間の心にとどく」
注釈:27年間収監され続ける中、国内では反アパルトヘイト運動は続づいた。国際社会からの圧力もあり、1990年には収監中に受けた暴力による後遺症を肺と視力に残しながらも、ようやく解放された。酷い待遇を受けながらも国民に向けて最初に発した言葉がこれ。


「私たちは1つの契約を結んだ。黒人も白人も、全ての南アフリカ人が胸を張って歩くことができ、何かを恐れることなく、人間の尊厳を決して奪われることのない社会――国内外とも平和に包まれた虹の国を築こうという契約だ」
注釈:1994年には、初の全人種が参加する総選挙が行われその結果、マンデラが議会で大統領に選出された。その就任演説でこのように宣言した。


「人種差別は魂の病だ。どんな伝染病よりも多くの人を殺す。悲劇はその治療法が手の届くところにあるのに、まだつかみとれないことだ」


「私の長い道のりは、まだ終わっていない」
注釈:アパルトヘイトは撤廃されたが、以前として黒人への差別は根強く残る。マンデラは自伝でこのように語っている。


「人間として、何もせず、何も言わず、不正に立ち向かわず、抑圧に抗議せず、また、自分たちにとってのよい社会、よい生活を追い求めずにいることは、不可能なのです」


「私たちの生き方のなかでもっとも偉大な栄光とは、決して倒れないということではなく、倒れていくときにいつも起き上がるということの中にある」


「指導者には、民衆を正しい方向へ導いているという自信のもとに、 群れより先を行き、新たな針路を拓かなくてはならないときがある」


「人格はきびしい状況のもとでこそ計られる」


「私たちは、私たちのうちなる神の栄光を証明するために生まれてきた。それは、限られた何人かのうちにだけあるのではない、すべての人のうちにある。 私たちが、自分自身の光を輝かせるとき、他の人々も同じようにすることを無意識のうちに赦しているのだ」


「真の和解はただ単に過去を忘れ去ることではない」


「勇者とは怖れを知らない人間ではない。怖れを克服する人間のことなのだ」


「勝利をつかむその日まで、一歩ずつ、着実に進んでいきます」


「私は民主的で自由な社会の実現のために生きている。しかし、もし必要あらば、その理想のために私は死ぬことを覚悟している」


関連サイト
政治家(世界)語録集
http://bit.ly/QCPU4m


ネルソン・ホリシャシャ・マンデラ経歴(プロフィール)
【1918年~2013年】南アフリカ共和国の政治家、弁護士。アフリカ民族会議議長(第11代)大統領(第8代)を歴任。アパルトヘイト撤廃のために、南アフリカの黒人解放運動に身を投じた指導者。1918年にトランスカイのウムタタ近郊クヌ村で、テンブ人の首長の子として生まれる。ウィトワーテルスランド大学法学部を卒業。反アパルトヘイト運動による反逆罪に問われて逮捕され27年間に渡り刑務所に収容された。釈放後も解放と革命への信念を曲げず、アフリカ民族会議(ANC)の議長、1994年には大統領に就任。その解放運動が認められ1993年にはノーベル平和賞を受賞。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/10(火) 22:21:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エンツォ・マーリ語録 | ホーム | 孫正義語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2536-3674dff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)