名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

桑田真澄語録

桑田真澄(投手・解説者)語録全15件



「200階まで行きたい。エレベーターもエスカレーターもダメとなったら、もう階段しかないでしょう」
注釈:巨人に入団し、二桁勝利を10回もあげ、200勝は確実と思われた。ところが後半は思うように勝星をあげることが出来ないままの退団となった。この言葉は、かつては200階(200勝)を目指してエレベーターで楽々上がったが、ペースが落ちエスカレーターになったが、今は休み休み階段をゆっくり上がっていくしかないということを桑田流れ表現したもの。


「やるか、やらないかですよ、人生は。やればそれだけのものが返ってくるし、やらなければそのままですよ」


「とにかく、がむしゃらにやれ!」


「昔のことは振り返らない。今を精一杯生きる。それが一番いいんじゃないですか」


「一年間だけではダメです。一生です。僕は一生のスケジュールを立てています」


「他人は失ったものに目を向けますが、僕は得たものに目を向けます」


「桑田真澄の野球は心の野球です」


「雲の上ではなく、自分の頭の中に理想像があります」


「生きる目的は自分を磨くことだと僕は思う。だから試練や困難は、僕に与えられた砥石なんだ」


「努力は、嘘をつかない」


「プラスの中にはマイナスがあるし、マイナスの中にはプラスがある」


「今まで経験したことのないことを、毎日経験できる。これは最大の楽しみです」


「どんな選手もいいときばかりではない。打たれても気持ちを切り替え、悪い時を短くし、いい時を長くするのが、プロの世界で生きていくには大事」


「結果は大事、でもプロセスはもっと大事」


「人はいろんなことを言うかもしれないけど、僕の人生なんだからカッコ悪くてもいい。僕は野球しかできないし、とにかく野球が好きなんで、最後まで追い続けて、燃え尽きたらボールをそっと置きたいんだ。それを人にカッコ悪いと言われても、自分の人生、自分が納得できればそれでいい」


関連サイト
プロ野球選手語録集
http://bit.ly/Pt2sgF


桑田真澄(くわた・ますみ)経歴(プロフィール)
プロ野球選手。投手、右投げ右打ち。1968年4月1日生まれ。大阪府出身。PL高校野球部の1年生で甲子園にエースとして登板した。その後、巨人にドラフト1位指名を受け入団。巨人のエースとして活躍。2003年大リーグ移籍。沢村賞1回、最優秀選手賞1回、最優秀投手賞1回、最優秀防御率2回、ゴールデングラブ賞8回、通算173勝、141敗・三振1980という記録を残した。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/10(火) 19:31:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スチュアート・ヘンダーソン・ブリット語録 | ホーム | 山本和範語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2533-50b38004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)