名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

高田保語録

高田保(大正・昭和時代の劇作家・随筆家)語録全1件



「官庁とか学者とかがむずかしい字を重ねて造った新語よりも一般市民が耳から口へ響かせてこしらえ上げた新語の方がずっと自然で生きている。『原子爆弾』というのは前者だろう。『ピカドン』というのは後者である」


関連サイト
作家(日本)語録集 http://bit.ly/RC9JWI
作家(世界)語録集 http://bit.ly/R7jUVH


高田保(たかだ・たもつ)経歴(プロフィール)
【1895年~1952年】大正・昭和時代の劇作家・随筆家。茨城県新治郡土浦町(現・土浦市)の旧家に生まれた。著書『高田保著作集 全5巻 』『人情馬鹿』『有閑雑記帳』など。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/24(日) 11:43:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<田中澄江語録 | ホーム | 清宮克幸語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2523-b0866a2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)