名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3815 収録語録数20084 (2016年12月4日現在)

須磨久善語録

須磨久善(心臓血管外科医)語録全10件



「どんな薬よりどんな手術よりやっぱり生きたいという気持ちが大切だ」


「生きる希望が一筋でもある患者を見捨てることはできない」


「医者というのは患者のためにいるわけで、医者としての地位や名誉などどうでもいいことです。大切なのは医者が患者から見捨てられないようにすることです」


「手術はまずイメージから始まる。始めから終わりまでストーリーを作ることが必要だ」


「心臓手術はF1レースみたいなもの。スタッフが高いレベルでチームプレーできないと絶対に勝てない」


「毎回の手術で少しでも上を目指そうという意識を持って努力することが、新しいことに挑戦するためにも、非常に大切なのです」


「何のために生まれてきたか、人を喜ばせそれを見てうれしいと思える人生でありたい」


「自信を持つには、成功体験を重ねていく以外にありません」


「自分が一番だと思うことは大切ですが、自分は100点満点だと思ってしまった瞬間に成長は止まってしまいます」


「ビジネスと心臓外科医の仕事の最大の違いは、心臓外科医には『~を糧に』という考え方は、あり得ないということです。心臓手術は失敗すれば患者さんの命が失われてしまう。ですから、とりあえずやってみて、失敗したからそれを糧にして次を頑張ればいい、という考え方は成り立ちません」


関連サイト
医学の専門家(日本)語録集 http://bit.ly/1c5Hm2D
医学の専門家(世界)語録集 http://bit.ly/1gP0scE


須磨久善(すま・ひさよし)経歴(プロフィール)
心臓血管外科医。胃大網動脈グラフトを使用した冠動脈バイパスを開発し、日本で初めてバチスタ手術を行った。 手術器具の開発やバチスタ手術、バイパス手術などの改良を重ね、成功率を飛躍的に高めた。1950年3月1日、兵庫県神戸市生まれ。大阪医科大学卒。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/28(月) 21:38:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<姉崎正治語録 | ホーム | 百瀬晋六語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2426-d06ef781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)