名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

河合隼雄語録

河合隼雄(心理学者・元文化庁長官)語録全11件



「不安ていうのは、他人を巻き込む力が強いんです。だから、不安の強い人は、なんとなく嫌われることが多い」


「だいたい子どもというものは、『親の目が届かないところ』で育っていくんです」


「あくる朝起きたら、また違う風が吹いているからね」


「思い通りにならないことこそ、ほんとうにおもしろいことだと思っているんです」


「心のなかの勝負は51対49のことが多い」


「いまの人は、みんな、『何かしなければ』と思いすぎる」


「自我(エゴ)と自己(セルフ)。自我は変革可能だけれども、自己は無限の可能性みたいなものだ」


「物語らなければ生きていけない」


「冗談による笑いは、世界を開き、これまでと異なる見方を一瞬に導入するような効果をもつことがある。八方ふさがりと思えるとき、笑いが思いがけぬ方向に突破口を開いてくれる」


「学んでいて楽しくないものは、本当の意味で身につかない、というのは私の実感でもありますが、一方で、苦しさを伴わない学びもまた、ニセモノだと思うのです」


「人は傷つくことで成長していく。先生の役割は、傷をつける役割だ」


関連サイト
哲学者(日本)語録集
http://bit.ly/19441ee


河合隼雄(かわい・はやお)経歴(プロフィール)
【1928年~2007年】日本の心理学者・心理療法家・元文化庁長官。京都大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授。文化功労者。兵庫県多紀郡篠山町(現・篠山市)出身。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/23(水) 22:33:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<辛島美登里語録 | ホーム | 吉井勇語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2402-893a3fbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)