名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3846。収録語録数20298(2017年1月17日現在)

小倉昌男語録

小倉昌男(ヤマト運輸中興の祖)語録4件




「うちの会社には『安全第一、営業第二』というモットーがあったが、毎月の会議になると営業第一になり、決算月になると利益第一になってしまう。それで宅急便を始めたときも『サービスが先で、利益は後だ』というモットーを作って社内に徹底させた」


「宅急便は一生懸命に、お客様にサービスしようという精神があったから伸びた。おかげで過疎地の営業所でも一年たつと必ず黒字になる、いや過疎地ほど荷物が出るんです」


「宅急便はだれもやっていないからこそできた。重要なのは新しい行動を起こそうという意欲を経営者がもつかどうか。規制があっても宅急便はできたし、規制緩和を生かせるかどうかも経営者次第」


「論理だけじゃ利益は出ない。しかし経営に筋道を立てないと利益が出ないことも事実。過当競争で構造不況だという。しかしもうけている企業もある。ならどうして自社が駄目なのか、どうすればいいのか。トップは汗を流すことだけじゃ十分ではない」
注釈:理屈が先行するといわれる自身の経営スタンスを認めたうえで、その真意を語って。


関連サイト
トップページ(目次) http://bit.ly/1j4tg4M
名経営者(日本)語録集 http://bit.ly/NElxeK


小倉昌男(おぐら・まさお)経歴(プロフィール)
1924年~2005年(大正13年~平成17年)ヤマト運輸元社長。宅急便生みの親。東京都渋谷区生まれ。東京大学経済学部卒。昭和23年、大和運輸(現・ヤマト運輸)入社。昭和46年、社長。昭和51年、宅配便業務を開始し流通・物販革新のうねりを起こす。昭和62年、会長。80歳で没。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/11(日) 23:22:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鬼塚喜八郎(アシックス創業者)語録 | ホーム | 飯田亮(セコム創業者)語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/240-b72e6d12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)