名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

ルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハ語録

フォイエルバッハ(19世紀ドイツの哲学者)語録全8件



「A弦が切れたら残りの三本の弦で演奏する。これが人生である」


「人を憎むのは、ネズミ一匹を追い出すために、家全体を焼き払うようなものだ」


「君が自我を放棄すればするほど君の愛は偉大になり、真実になる」


「法律がなければ刑罰もない」


「転ぶ者に、手を差し出せ」


「起源的には実践は理論に先行する。しかし、ひとたび理論の立場にまで自己を高めると理論は実践に先行し得る」


「宗教にとっては、神聖なるもののみが真実である。哲学によっては、真実なるもののみが神性である」


「死の考察に自らを捧げる哲学は偽の哲学である。本当の哲学は生活の智慧であり、この哲学には死はない」


関連サイト
ドイツの哲学者語録集
http://bit.ly/174G5np


ルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハ経歴(プロフィール)
【1804年~1872年】ドイツの哲学者。ベルリン大でヘーゲルに学び、ヘーゲル左派の中心人物となった。後年、独自の唯物論を樹立し、ヘーゲル哲学を批判。また現世的な幸福を説くその思想は、カール・マルクスやフリードリヒ・エンゲルスらに多大な影響を与えた。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/22(火) 22:00:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジェニファー・ロペス語録 | ホーム | 山田宏語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2394-6ca56e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)