名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

エミリー・エリザベス・ディキンソン語録

エミリー・ディキンソン(19世紀米国の女性詩人)語録全10件



「私たちは年とともに老いていくのではなく、日々新たに変わっていくのです」


「愛される者は死ぬことはない。愛は不滅だから」


「『希望』には羽根が生えていて、魂にとまる」


「名声はさまざまな食器皿にもられる気まぐれな食物だ」


「もし愛がすぐそこにあるのなら、一時間を持つのも長い。もし愛が最後に報いられるなら、永遠に待つのも短い」
出典:『自然と愛と孤独と』


「私が死んだとき、一匹の蝿がうなるのを聞いた。 部屋の中の静寂は、嵐の高まりの間の大気の静寂のようだった」


「一度も成功したためしのない人が、最も甘美なものと考えるもの、それは成功することである」


「平和の宗教を持つ人間にとって、その最高の価値は愛である。戦争の宗教を持つ人間にとって、その最高の価値は闘争である」


「希望は鳥のようなもの。心の止まり木で羽を休め、詩のない歌を奏でる。そして、決してとどまることはない」


「衰えた美貌ほど年齢を感じさせるものはない」


関連サイト
アメリカの作家語録集
http://bit.ly/171FMrL


エミリー・エリザベス・ディキンソン経歴(プロフィール)
【1830年~1886年】アメリカの女流詩人。生前は無名であったが、1700篇以上残した作品は世界中で高い評価を受けている。生涯のほとんどを自室に引きこもって過ごした。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/15(火) 21:02:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<西村繁樹語録 | ホーム | 三宅雪嶺語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2366-831733cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)