名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3846。収録語録数20298(2017年1月17日現在)

加藤辨三郎(協和発酵キリン初代社長)語録

加藤辨三郎(協和発酵キリン初代社長)語録全2件




相手に対して合掌する気持ちを心がける
「この世では何一つとして単独で存在するものはない。明らかに持ちつ、持たれつの、相互依存のものである。経営者も自己中心的にならないで、つねに相手に対して合掌(がっしょう)する気持ちにならなければならない」


「私は経営というものを、仏教の教えによって考えている。仏教の教えの従の原理は『諸行無常』ということで、『凡(すべ)ては変化してやまない』ということである。企業とて、その例にもれない。だからわれわれは今日一日の充実によって明日へのプラスの変化を心掛けねばならない」


関連サイト
加藤辨三郎の知られざる逸話
http://bit.ly/w9fjTp


加藤辨三郎(かとうべんざぶろう)経歴(プロフィール)
1899年~1983年(明治32年~昭和58年)協和発酵工業(現・協和発酵キリン)初代社長。島根県生まれ。京都帝国大学工業化学科卒。宝酒造に入社後京大大学院にすすみ発酵の研究で博士号取得。戦後、協和化学研究所に出向。昭和24年、協和発酵工業の設立とともに初代社長に就任。昭和44年、会長。在家仏教協会理事長。著者に「私の履歴書」(日本経済新聞連載、昭和44年12月)。84歳で没。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/11(日) 09:01:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大屋普三(帝人元社長)語録 | ホーム | アインシュタイン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/236-2f524f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)