名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

ガブリエル・ガルシア=マルケス語録

ガルシア・マルケス(コロンビアの作家・小説家)語録全5件



「ストーリーを語るというのがこんなに楽しいものだなんて夢にも思わなかったよ」


「わたしは何かを物語りたいという病気にかかっているんだ」


「私にとってストーリーというのはオモチャみたいなものさ。いろいろに組み合わせ、組み立ててゆく遊びなんだ」


「愛は何よりも恐ろしい悪魔だ」


「原稿用紙1枚で語るなり、要約できないようなら、その物語には余分なものがあるか、何かが欠けているんだよ」


関連サイト
作家(世界)語録集
http://bit.ly/R7jUVH


ガブリエル・ガルシア=マルケス経歴(プロフィール)
コロンビアの作家・小説家。1928年、コロンビアのカリブ海沿岸にある人口2000人ほどの寒村アラカタカで生まれる。架空の都市マコンドを舞台にした作品を中心に魔術的リアリズムの旗手として数々の作家に多大な影響を与える。1982年にノーベル文学賞受賞。代表作『百年の孤独』』『コレラの時代の愛』』『族長の秋』など。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/03(木) 20:15:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<みのもんた語録 | ホーム | エリック・シーガル語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2317-d5d9d05d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)