名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

村田良平語録

村田良平(元外務事務次官、駐米大使)語録全2件



「『主権』なる概念は、1648年のウェストファリア条約の締結とともに生まれ、米国の独立とフランス革命を経て国民国家制度が誕生するとともに近代的な意味での主権国家の概念が確立したといえるが、日本は敗戦以来、主権の侵害に対して世界で最も鈍感な国となってしまい、侵害があっても生ぬるい対応しかしなくなった。日本が主権を侵害されても事実上黙認したり、厳重な抗議を行わなかった例は少なくない。主権侵害容認の延長線上にあるのは、外国による日本への内政干渉を放置したり、されに事実上かかる干渉に屈したことである。教科書問題をはじめとして、これまた実例は枚挙にいとまがない」
出典:『なぜ外務省はダメになったか』


「私は青山学院大学における最終講義で『外交交渉論』をとり上げ、外交とは、『自国と他国との対立する利害を平和的に調整すること、および協議によって共通の利益の増進をはかること』と定義した。もともと外交とは広義には二つ以上の国にある国際関係の処理全般を指すが、私は私の定義は外交なるものの中核的機能を規定しえていると考えている」
出典:『なぜ外務省はダメになったか』


関連サイト
外交官(日本)語録集
http://bit.ly/1b3T5Oz


村田良平(むらた・りょうへい)経歴(プロフィール)
【1929年~2010年】日本の外交官、元外務事務次官、駐アメリカ大使、駐ドイツ大使などの重職を歴任した。退官後、日米核持ち込み問題について、日米核密約の存在を実名で証言したことでも注目を浴びた。京都府出身。京都大学法学部卒業。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/22(日) 19:49:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウラディミール・バレンティン語録 | ホーム | 外交官(日本)語録集>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2280-8563d33d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)