名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3819 収録語録数20102 (2016年12月5日現在)

中西輝政語録

中西輝政(国際政治学者・歴史学者)語録全4件



「外交や戦争で国家が『のるか反るか』の命運を賭けるとき、最も重要なカギを握るのは、つまるところ内政の成否です」
出典:『日本人として知っておきたい近代史(明治編)』


「ヨーロッパの立憲君主制は、強大な王権を憲法で制限することによって成立してきた歴史がありました。しかし、日本では天皇と民衆が対立したことなど、歴史上、一度もあません。この国の天皇は、つねに民を慈しみ、その安寧を願う存在であり、これこそがこの国をこの国たらしめてきた『国体』といえるのです。そもそも、王権との対立を前提とするような憲法は、『王政復古』を明治維新の大義とする『この国のかたち』にはそぐわないものでした」
出典:『日本人として知っておきたい近代史(明治編)』


「『近代とは何か』というとき、私にいわせれば『米英覇権の時代』ということです。アングロサクソンのスタンダードが世界的なスタンダードとなり、価値観となる。政治、軍事のみならず、文明や秩序、生産経済の基本システム、金融・貿易による世界支配、知識、学問、ほとんどすべてにわたり、彼らが物質的および精神的リーダーシップを取り続けてきました。ですから近代を考えるときは、アメリカ、イギリスという二つの覇権大国の歴史をしっかり踏まえたうえで、フランス、ドイツ、ロシア、日本、中国、アジア、中東などについて勉強していかなければなりません」
出典:『日本人が知らない世界と日本の見方 PHP』


「緊密な同盟関係を維持するには、三つの要素が必要だとされる。第一に共通の脅威の存在であり、二つ目はそれへの対処が『共通の国益だ』という認識。そして三つ目に、相手は誠実に約束を守るだろう、という信頼の基盤である」
出典:『日本の悲劇 PHP』


関連サイト
外交・安全保障専門家語録集
http://bit.ly/VqYRT8


中西輝政(なかにし・てるまさ)経歴(プロフィール)
日本の歴史学者、国際政治学者。京都大学名誉教授。1947年大阪府生まれ。著書『大英帝国衰亡史』(毎日出版文化賞・山本七平賞を受賞)。『日本の「死」』『日本人としてこれだけは知っておきたいこと』など。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/14(土) 09:48:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<蔦文也語録 | ホーム | 沢田美喜語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2246-69d9a7a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)