名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3847。収録語録数20304(2017年1月18日現在)

大谷竹次郎(松竹創業者)語録

大谷竹次郎(松竹創業者)語録全3件



「舞台は真剣で値段は安い。そしておもしろい、幕間は短い」
注釈:1902年1月に新築成った京都明治座での新派劇は、大入り続き。その成功は、座長と劇場主が一丸となって演劇に取り組んだ結果だったと語る。以後、大谷氏の哲学になった。


採算がとれない出しものにお客はやってくる
「芝居というものは妙なもので、採算がとれないという出し物にはお客は必ずやってくる。そして、採算がとれるようにした出し物にはお客はやってこない。そこに興業の秘訣がある」


「私の事業的信念は、それが世に価値のあるものなら数時的に自信がなくても、正しく行えば成し遂げられるということである。人間、情熱をもって当たれば、成し遂げられないことはない。私の場合、終始、全精力が全身にあふれていた」


関連サイト
偉人のエピソード逸話集
http://bit.ly/xLH35E


大谷竹次郎(おおたにたけじろう)経歴(プロフィール)
1877年~1969年(明治10年~昭和44年)松竹創業者。京都市生まれ。明治28年、新京極の阪井座の金主となり興業界入り。明治35年、双生児の兄白井松次郎とともに松竹合名会社を設立。大正9年、松竹シネマ合名を設立。昭和2年、松竹社長。昭和29年、会長。昭和30年、文化勲章。92歳で没。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/09(金) 23:42:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<川鍋秋蔵(日本交通創業者)語録 | ホーム | 安田善次郎(安田財閥創始者)語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/222-bcf67065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)